パイロット留学情報

競争率の高い日本を避けて留学でパイロットになる

競争率の高い日本を避けて留学でパイロットになる

LCCの登場によって世界中でパイロットの獲得競争が起こっています。

新興国の経済成長によって飛行機の需要は高まっており、各社が熾烈な競争を繰り広げている現場があるのです。

日本でパイロットになろうと思ったら養成課程のある大学へ入学するか養成課程のある航空会社へ入社することになります。

数が少ないこともあって競争率は非常に高く、高額な学費が必要なことからあきらめる人が少なくありません。

その解決策として海外への留学があります。

外国にはパイロットの養成課程のある学校が多いことから入学しやすいばかりでなく、学費が安いこともメリットです。

外国では趣味で飛行機の操縦免許を取得する人もいるくらい飛行機が身近なものになっていることもおおく、日本より手軽に免許を取得することが出来ます。

日本でパイロットとして働きたい場合には日本の免許が必要になりますが、留学で身につけた技術によって時間や費用を減らすことが出来ます。

操縦技術だけでなく語学力も身につくことから、あえて留学を選ぶ人もすくなくありません。