パイロット留学情報

パイロット留学の合格率

パイロット留学の合格率

パイロットになるために留学をした場合の合格率というのはその学校により様々です。

あまりよくないところもあれば、80%を超えるところもあります。

その学校の授業内容により合格率というのは変化してきます。

パイロットの適正試験はかなりの難関です。

人の命をたくさん預かる職業ですのでそれだけ厳しいチェックがされます。

また最近では外国に留学してパイロットの免許を取得した人の日本での採用を高めています。

これには他国で学ぶ方が細かく指導されます。

またその国の言葉など語学の勉強にもなるため有利になります。

また外国でそのまま運転手として採用される場合も少なくないです。

日本での就職は主に大手航空会社を希望する人が増えています。

また日本の大学でも勉強することは可能ですが、問題になってくるのが言語です。

就職が決まりいざ現場に出たときに何を話しているのかわからない、または多少はわかるが細かく何を言っているのかわからないということがあります。

おおまかに指令がわかっているだけでは細かい指示を聞き逃してしまう場合があります。

実技だけを専門的に取り組むだけではパイロットになることは難しいです。

そのため言語と実技その両方を同時に学習できる外国の方が留学先としては人気です。

言語も現地の言葉で慣れているとすぐに見に尽きます。

そうすると試験にも有利になります。

このように外国に留学したから必ず合格できるわけではなく、学校や指導者などによっても合格率というのは変動します。

競争率の高い日本を避けて留学でパイロットになる