パイロット留学情報

パイロットの留学や航空時間について

パイロットの留学や航空時間について

国際社会に対応するためにも、航空業界ではパイロットの必要性がささやかれています。

免許取得の方法としてはさまざまな路がありますが、留学という方法もあります。

大学や航空大学や防衛大学を卒業した後にパイロットになるという道が日本にはありますが、このほかにオーストラリアの航空学校を卒業するという方法もあります。

なぜオーストラリアでの留学かというと、トレーニングプログラムの法的順守が非常に厳しくなっています。

また機種の種類が豊富で比較的安い授業料となっています。

また時差があまりないと言うことも進められる理由となっています。

このほかの国でもライセンスを取得することができるようになっています。

気になる航空時間ですが、これは各学校によって少し違いがあります。

したがって規定されてる航空時間をクリアすることが必要です。

たとえば35時間の同乗訓練や20時間の計器飛行が必要になります。

5時間の野外飛行や2時間の夜間野外飛行などもあります。